美白化粧品

化粧品に含まれている美白成分には、メラニンを合成する酵素「チロシナーゼ」の活性を抑制する働きがあります。

厚生省で認可されているものは、「持続性ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「コウジ酸」「アルブチン」の4つです。

「持続性ビタミンC誘導体」は、普通のビタミンC誘導体より安定性が高く、皮膚の内部にじっくりと留まって、メラニンの淡色化をはかります。

「プラセンタエキス」は、お肌の新陳代謝を高めることで、メラニンを排出する働きがあります。

「コウジ酸」と「アルブチン」は、チロシナーゼ酵素の活性を抑え、メラニンの過剰な生成を防ぐといわれています。

これらの成分を配合したものを美白化粧品といい、現在では、さまざまなものが出回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です