美白とは

お肌の色は、人それぞれですが、それは、メラニンの量によって決まってきます。

メラニンは、紫外線からお肌を守るために生成されるもので、メラニンのおかげで、紫外線がお肌の奥まで届くのを防いでくれています。

つまりメラニンの発生は、人間の防衛的生理現象なのです。

しかし、たくさんの紫外線を浴びてしまうと、過剰にメラニンが生成されてしまい、くすみやしみの原因になってしまうのです。

美白を謳った化粧品やサプリメントなどがたくさん出回っていますが、これは、メラニン色素自体をなくすものではなく、新たに紫外線を浴びた時にメラニン色素ができるのを抑制するというものです。

ですから、本当の美白とは、紫外線を浴びないようにし、お肌の新陳代謝をあげ、ターンオーバーを正常化することで、メラニン色素を排出することなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です