しみと美白の関係について

しみは、ストレスや病気などから発生する場合もあるようですが、その多くは、紫外線をあびることで、肌の奥で、メラニン色素が生成され、いずれしみとなってお肌の表面に浮きでてくるのです。

美白というと、お肌を白くすることを思い浮かべますが、それは、なかなか難しいですね。

しみによい美白方法とは、まず、化粧水でお肌を潤わせることです。

しみができているところは、水分が少なくなり、乾燥しがちなので、なによりも水分補給することが先決なのです。

その上で、ビタミンC誘導体が入った美容液などをつけることで、メラニン色素に働きかけます。

美白ケアは、毎日きちんと続けることが重要で、少しでも紫外線にあたらないように心がけ、新しいしみを作らないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です